ラインエネルギーシュタディオンのスタジアムガイド

スタジアムガイド

■1. FCケルンのホームスタジアムです。

 

ドイツ・ブンデスリーガの初代王者「1. FCケルン」のホームスタジアムです。
古くは、奥寺康彦選手が所属するなど、日本には馴染みが深いチームです。

 

2006年のドイツW杯でも、5試合が行われた大きなスタジアムです。

 

ラインエネルギーシュタディオン

 

 

【スタジアム内レポート】

 

収容人数は50,400人、全周2層のイングランドスタイルのスタジアムです。
どこからでもピッチが近く、臨場感は最高です。

 

ラインエネルギーシュタディオン

 

ゴール裏はネットで仕切られており、過激な本場の雰囲気を醸し出していますが、ゴール裏以外であれば、ファミリー層も多いく来場する、とっても和やかなスタジアムです。

 

ブンデスリーガは、スタジアムの収容率は非常に高く、安全性も非常に高いです。

 

ラインエネルギーシュタディオン

 

コンコースは広く快適で、売店も数多く設置されています。
売店はやっぱりドイツだけあって、ソーセージとビールが主体です。

 

ラインエネルギーシュタディオン
ラインエネルギーシュタディオン

 

コンコースは清潔で広く快適でした。

 

ラインエネルギーシュタディオン

 

シートは固定式でドリンクホルダー等はありません。
前後のスペースは広めで、比較的ゆったり観戦できます。

 

ラインエネルギーシュタディオン

 

大型ビジョンはスタジアムの角方向に、2台設置されています。
吊り下げ型で、サイズ的には少し小さ目でした。

 

ラインエネルギーシュタディオン

 

 

【知っ得情報】

 

実はこの日の試合は、主審の予定だった人が、自殺未遂?のため試合中止になりました。

 

ラインエネルギーシュタディオン

 

払い戻しのため窓口を訪れましたが、当日のスタジアムではNGでした。
後日、チームのサイトに払い戻し方法を掲載するからと言われましたが、旅行の途中でしたので結局払い戻せませんでした。

 

後日、この試合に出場予定だった「槙野選手」にサインしていただきました。

 

 

ドイツくらいのサッカー大国で、主審の変更等出来ないものなのかな?って感じました。
選手もコンディションを作ってきたのに、試合がなくなってしまって気の毒ではありますね。

 

ラインエネルギーシュタディオン

 

【基本情報】

 

ホームチーム:1. FCケルン
現在地:Aachener Strase 999 50933 Koln, Germany
収容人数:50,400人

 

ラインエネルギーシュタディオン

ラインエネルギーシュタディオン記事一覧

ケルン周辺観光-ケルン大聖堂

ケルン駅前にそびえる、世界遺産「ケルン大聖堂」157mの高さで、奥行き144m、幅86m1248年に着工し1880年に完成した、ゴシック建築の「ケルン大聖堂」これほどの世界遺産が、駅前広場にあるなんて、ほんとドイツはすごいこの写真は、ケルン大聖堂入口からケルン中央駅前広場に向けて撮影しました。アクセ...

≫続きを読む