札幌ドーム

札幌ドーム 札幌ドーム

札幌ドームスタジアムガイド

コンサードーレ札幌のホームスタジアムです。

 

2002年日韓ワールドカップの会場のひとつであり、プロ野球「北海道日本ハムファイターズ」のホームグラウンドでもあります。

 

観光・グルメとサッカー観戦以外の楽しみのある北海道。

何度でも訪れたいものです。

札幌ドーム外観

 

【スタジアム内レポート】

 

スタジアムの第一印象は???・・・「野球場です(笑)」

札幌ドームメイン側

メイン側のスタンドです。上部に展望台の入口が見えます。

試合の無い日は、展望フロアからスタジアムの内外の景色が堪能出来ます。

 

ピッチの見え方

メイン側スタンドは、バック側よりもスタンドが大きく、多くのサポーターを収容できます。

 

札幌ドームバック側

こちらは、バック側スタンド。

野球場兼用だけあって、スタンド左右のフェンスの高さがせりあがっています。

 

このスタジアムはドーム型ですが、ピッチは天然芝です。

通常時、ピッチは野外で育成されて、試合の時にはドーム内に引き込んで試合を行います。

 

まったくすごい世の中になったものです。

(サッカーの試合の無い日は、芝は外で育成されていますので、ドームを訪れれば間近で見ることができます。)

札幌ドーム芝育成

 

スタジアム内は、同じ屋内のスタジアムに比べると、いくぶん暗い印象を受けました。

これは、恐らく野球兼用なので、天井が非常に高いのが原因なのでしょうか?

 

 

 

屋内と言うことと少し暗いということで、選手も観客も”ぼんやり”してしまうような雰囲気です。

 

シート

座席は、全席背もたれ付きのシートで、ドリンクホルダーも付いています。

札幌ドーム

ゴール裏はピッチに近いですが、メイン・サイドスタンドからは、やや遠く感じました。

 

また、野球場兼用なのでフェンスがいくぶん高めで、ピッチとの一体感はあまりなく、上から見下ろしている感じです。

 

設備

コンコースは広めで、通行には支障はありませんが、カラーリングが黒基調ですから暗く感じると思います。

札幌ドーム

 

ドームなので、雨具は不要です。

また、バックスタンドの上下の移動は、高さがかなりあるため、足腰に堪えます。

 

車椅子の方の座席は、内野スタンド64席、外野スタンド48席、内野VIP3席、スイートシート2席、合計117席あります。

 

 

【知っ得情報】

 

試合のない日には、展望台観覧やドームツアーなどで楽しめます。

 

試合の次の日は、ピッチは育成のため外に出ています。

また、野球の人工芝も敷き詰められていないため、さしずめちょっと大きな体育館になっています。

札幌ドーム

 

売店・トイレの数は多く、それほど混雑しないでしょう。

 

札幌だけに、生ビールがおいしいです。

また、海の幸関係のお弁当も豊富です。

 

ついついエンゲル係数の高くなってしまうスタジアムです。

 

 

【基本情報】

 

ホームチーム:コンサドーレ札幌

所在地: 札幌市豊平区羊ヶ丘1番地  Tel 011-850-1000

収容人数:42,300人

 

 

【評価】

野球場兼用のため、見易さについては今一つでしょうか?

札幌中心部からのアクセスはまずまず、北海道ならではの海の幸によるスタジアムグルメはGOOD

 

平均点以上のスタジアムだと思います!

スポンサーリンク

NOT FOUND

投稿が見つかりませんでした。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました